本文へジャンプ
 第2790地区 第4分区 袖ケ浦ロータリークラブ
会長活動方針

   
 

201 9 -20 年 度 会 長 ク ラ ブ 運 営 方 針

 

                                    会 長   津 留   三 枝 子

 

本年度、マーク・ダニエル・マローニーRI会長は、201920年度のテーマとして「ロータリーは世界をつなぐ」 と発表されました。マローニー会長は 旅とは全て自分で作るもの、一人ひとりが始める201920年度にむけて、その先へ共に歩んでゆく旅は、私たちが一緒に作るものです。全ての目的は、ロータリアン、ローターアクト、ロータリーファミリーが、より強いロータリーを築くことです。真のリーダーの目標は 「最大限を達成することではなく、周りの人が可能な限り最大限を達成できるようにすること」 であると述べられました。

諸岡地区ガバナーは地区スローガンとして、「ロータリーから千葉を元気に」と宣言されました。

今年度は、これらのテーマや行動指針を踏まえて、袖ケ浦ロータリークラブはクラブの戦略計画を立てて、長期的に行っていきたいと思っております。目的はクラブの継続した繁栄であり、具体的にはクラブの活性化につながっていくものと思います。クラブが活性化することにより、会員の志気が高まり、それが活発な奉仕活動を奮起させ、地域社会に貢献することより、公共イメージの向上となり、退会防止と会員増強とつながり、更にはクラブが活性化していくという、プラスの連鎖を引き起こすからです。

ロータリーの基本はクラブです。クラブを活性化させ充実させるには、例会に変化をもたらし会員の皆さんが、毎回の例会を心待ちにするようなプログラムを組み、出席率100%を目指したいと思っています。その対策として、出席率向上推進委員を設置し、例会やメーキャップの推奨を促していきたいと思います。地区大会や地区行事には、是非、出席参加して頂きたいと思います。

また、当クラブは会員相互の信頼と友情に熱く、大変仲の良いクラブであると近隣のクラブからの評価も頂いておりまが、「奉仕」には、もう一歩踏み込んだ知恵と努力が必要だと思っております。そして、これらのクラブの対応力をつけるには、会員基盤に女性や若手起業家等を「新しい風」として迎い入れてクラブの運営を確立すると共に、親睦・奉仕プロゼェクトの求心力を高めていきたいと思います。

元気なクラブを創るためには、会員一人ひとりのモチベーションを高めつつ、ロータリアンとして「語り会う楽しさ」 をもってクラブの活性化に繋げていきたいと思います。魅力ある袖ケ浦ロータリークラブで在り続けられるように頑張っていきたいと思います。それには、会員の皆さんのご協力が必須になりますので、宜しくお願い致します。

 

  活動目標

    1・会員増強  純増 3名

    2・ロータリー財団年次基金への寄付額が一人当たり150米ドル
       以上になるように努力する。

    3・全てのクラブ会員とその家族が参加出来る、親睦活動、
       または奉仕活動を数多く行う。

    4・会員による卓話の機会をつくると共に、外部卓話も多く
        取り入れる。

    5・継続事業として

     山ゆり友遊ボール大会への支援・協賛 (小学1年生~3年生)

       青少年児童ボランティア活動

2018-2019年度クラブ活動方針
2017-2018年度クラブ活動方針
2016-2017年度クラブ活動方針
2015-2016年度クラブ活動方針
2014-2015年度クラブ活動方針
2013-2014年度クラブ活動方針
2012-2013年度クラブ活動方針


   
あなたは番目のお客様です。